海外向けのサイトは日本のサイトの翻訳ではダメ!

多言語サイト制作時に知っておきたい3つのポイント

これまで海外のECサイトを日本のサイトと比較してみたことはありますか?

実際にホンダ自動車のサイトを見てみると、同じビジネスでも海外のサイトではデザインを大きく変えていることが分かります。
このことからも分かるように、海外でビジネスを展開するにあたり、サイトをただ翻訳するだけではユーザーの心を掴むことはできないのです。

  

そこで今回は、海外でビジネスを展開する人に向けて、多言語サイト制作の際に把握しておきたい3点について紹介します。

日本と海外のサイトを比較しよう

まずは日本と海外でどんなサイトの構成の違いがあるか見てみましょう。

1- 文字量について
日本のサイトは文字量が、海外のサイトよりも1.5〜2倍はあると思った方が良いでしょう。
例えばヤフーのサイトを例にとって見ても、その文字量の違いは一目瞭然です。

日本では情報量が多いほど良いサイトと評価されますが、海外では情報量よりもシンプルな見た目を重視します。ですので文字でたくさん情報量を提供しても、読んでくれない可能性があります。
海外のサイトを制作する場合は、どのように伝えたいことを短い文章やキャッチフレーズで伝えることができるか考えてみてください。
また文字での情報の伝え方だけでなく、写真や動画を使った情報の伝え方にもフォーカスしてみてください。

2- 余白について
日本のサイトは、「もったいない」文化に起因しているのか、少ない余白でコンテンツがびっしりと並んでいることが多いです。
また、最初に目にするTOPページで興味を引くために、見せたい情報を詰め込む傾向にあります。

  

一方で海外のサイトではTOPページに情報を詰め込むよりも、下にスクロールすればするほど情報を読むことができるスタイルになっています。
他にも、海外のサイトではナビゲーションバーを使うことが主流になっているので、情報をTOPで見せすぎなくても自分で情報を取りに行くことができます。
このデザインの違いの一つに、海外のサイトの方がモバイルに対応したデザインになっていることが挙げられます。
「モバイルファースト」の概念に基づいて、モバイルで見たときにでも操作しやすいデザインになっているのです。

3- グラフィックについて
日本のサイトでは小さな写真やグラフィックが目立ちますが、海外のサイトではグラフィックは大きく大胆に使います
特に日本のサイトの写真は、JPEGを使って入れることが多いですが、海外ではレスポンシブやSEOの観点からHTMLテキストを使うことが主流です。
またサイト上では売り文句が強めのバナーが日本のサイトではよく見かけられますが、単色の色を使ったり点滅しているものが多く、目にキツイものが多いです。
日本ではユーザーの目をひきつけるためにこの方法が多用されがちですが、海外ではどちらかというとイタリック体や大文字、フォントの形を変える方法で強調をします。
最後に特に気をつけたいのが、日本では「カワイイ」とよく好まれて使われるキャラクターやアニメのグラフィックやアイコンですが、海外では「子どもっぽい」と感じる人もいるので、その文化の違いにも注意が必要です。

  

日本と海外のサイトの違いの理由を理解しよう

日本と海外のサイトでこれほど違いが見られるのには、ただの文化の違いだけではありません。違いの背景にある要因を見ていきましょう。

1- 言語的な違い
最初に述べた日本のサイトの「文字量の多さ」は、ただ日本のサイトが情報量が多いという理由だけでなく、日本語の文字がアルファベットに比べてスペースが少なく、どうしてもごちゃごちゃした見た目になってしまうところにあります。
またグラフィックのところでも述べた通り、英語のようにイタリック体や大文字などの方法で文字を強調することができないことも、日本の色をたくさん使ったデザインスタイルの要因にもなっています。

2- マーケティング戦略の違い
日本では多くの消費者がたくさんの情報を読んで納得して買いたいという「安心感」をビジネス側に求めます。そのためサイト上には商品のスペックが細かく書かれてあり、そういった情報がなければ怪しいと判断されがちです。ですが海外ではそこまでの情報量をビジネスに求めません。
海外では商品だけでなく、そのブランドが与える印象や、ブランドが達成しようとしているミッションなどの情報も大事にする傾向にあります。
そのため海外でのサイトやブランド戦略では、どのように消費者にそのブランドを好きになってもらうかが鍵となります。
その理由から、サイトが使いやすくて購入プロセスがシンプルなブランドと思って欲しい場合であれば、情報量よりもシンプルなユーザーエクスペリエンスを求めたサイト設計に重きを置くのです。

3- モバイルファースト
特にECサイトでは、日本はまだまだパソコンからサイトをみたり、購入することが多いですが、海外ではモバイルでのオンラインショッピングが主流となっています。
日本のサイトではパソコンでのデザインが最優先され、それをモバイル用に小さくしてコンテンツがすべて入りきらず苦労することも多いかと思います。しかし海外ではモバイルファーストの動きにより、モバイルでのデザインやユーザーエクスペリエンスが重要視されます。
ですので海外サイト制作の際にはモバイルでの操作のしやすさにフォーカスし、様々なデバイスに合わせて最適化してくれるレスポンシブなデザインをぜひ採用することを忘れないでください。

まとめ

以上、日本と海外のサイトの違いとその理由についてでした。

日本ではベストプラクティスと思われていることでも、海外ではネガティブに働く可能性があることに注意することが大切です。

日本と海外の違いを理解することで、ただ日本のサイトを翻訳するだけでなく、海外のユーザーの心を掴んだサイト作りをぜひ心がけてみてください。

より詳しい情報や海外向けウェブサイト作成サポートをご希望の場合はDigitAddict Japanまでご連絡ください。

お問い合わせ

    個人情報取得への同意*

    メモ: * は入力必須項目です